暁月夜~あかつきづくよ~
虎視眈々とカガリ愛を深めています。 アスカガもね。 アニメや漫画の感想・イラストなど…気ままに適当に統一感無く更新していきたいです。
07 | 2009/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年後
rtedd.jpg

アスカガの画像見ていたら、気付いた。 

お互い銃で威嚇しあっていたのが、お互いを認め、必要とする間柄に。

それってとてもすごいコトだ。

無から有に。

0から1に。

負から正に。

憎から愛に。


すべて転換したんだ。

出会い、お互いを知り、お互いを認め、お互いを愛す。

どこかで経過を間違えてしまえば、たどり着かなかったかもしれない。

そんな奇跡を、上の画像で垣間見た気がした。

人と人の小競り合いは、みんなアスカガを見習えばなくなるのに。

二人の戦争がミクロならば、世界の戦争はマクロだ。 マクロはミクロから出来ている。

この二人なら、世界の戦争を止めらる。 そんな開示だ。



それにしても、二人とも大人の色気がなまめかしい~~ww








スポンサーサイト
カナン 秋葉
HPで宣伝していた24日は、公休でしたので、秋葉に繰り出す。

067.jpg

このポストカード可愛いww 

068.jpg

こっちも好き。
カナンの笑った顔ww

物語の中じゃ、ありえない構図だ。 アルがもし戦友とか同士だったならば、安心して背中を任せるだろうね。

自信に満ち満ちたカナンがかっこいいっす。

タマとは会わず帰宅したり☆

063.jpg

秋葉探索にカガリはかかせません。 が、海ちゃんGET!!!

Σd(゚∀゚)ィ

やたーーww

夏こみ
夏こみ、に、行きませんでした。

仕事ー。。。

行こうかどうしようか悩んだいたのも本当。 代わりに友人が行くようでしたので、気になるサークルさんの本をお願いしました。

暑くて、人がいっぱいいて、自分の物欲も大事だろーに、わざわざありがちょ~~ww

おかげで、欲しい本が手元に届きました。(。・ω・。)

私、規模がでかいコミケって参加したことがないんですね。 だから、その熱さを知らないのだが、3日で56万人ですか!? ひぃーーーー!!! すっご!!!!

色々事件も起きたそうで、執念を感じました。

人って物欲に支配されると、気づかいとか思いやりなんて無くなるんだなって。私もそうだし。

しかも、転売屋がほぼ買い占めるから、ホントに欲しい人には届かないってホント??
だとしたら大問題ですよ。

その辺あたり、策を練ってほしいですね。

コミケの必勝法って情報力でしょ。 もーこっから厳しいんだよ。(T-T)

例えば、Aって商品が欲しいとした場合、そのAがどこの場所に売られるのか、値段、Aの詳しい内容なんかを知るため、雑誌、カタログを買うでしょ。んで、時間を費やす。 カタログに2000円って目玉出ました。

そして、当日は仕事をお休み頂いて、遠方の方は始発の新幹線に乗車。 コインロッカーに荷物置いて参戦。 会場までの時間は、持参したゲームやら本やらでつぶす。

会場後はひたすら、人を押しやって走る。

最後尾がどこなのか探す。 長蛇の列に並ぶ。 

けれど、限定品のため売り切れてしまい、買えず。 他にもチェックしていた物も時間のロスのため買えないまま…

なーんて事もありうるのかーって考えると、途方に暮れる。

あー人ごとじゃないから辛くなる。 

でも、すごいのは、 それを知りつつ、参戦する人たちだ。 そのバイタリティに敬服します。

買うまでの長い道のりを考えると、マジで転売屋に規制をしてほしいね。

あーでも、転売屋は行けない人たちの救いでもあるのか!! くぅー…もぅわからん(T∇T)

「FIND THE WAY」 カガリのために
遅くなりましたが、今、登録登録とーろく…して。。。ダウンロードに苦労して…

拝見することができました。

購入しても、見れないの!聞けないの!!

ガーン!!

もう、必死であっちこっち画面変え。

よーやく見れました。゚(゚ノ∀`゚)゚。

いい!!!

いいよ!!!!

ラスト付近のカガリとラクスの回想シーンが特にいい。

そっかー二人の頷きあいはこんなモノ想いがあったんだな~って。

二人の戦火を生き合った絆みたいなものを感じました。

んで、ラストの4人!!!

アスカガは言うまでもなく!!

双子ーーー!!! 同じポーズ!!さすが!!!

アスラン。。。軍人だなー。 完全に座らず、いつでも立ち上がれます。って感じの戦闘態勢だ。(笑)

やはり、この4人じゃなきゃ。



生放送でした
たまたま、にこにこを開いた時、『CANAAN × 南條愛乃』生放送!!の文字が!!

(・ω・)!!

おぉー見るぞー!と、思って304番でした(笑)

一時間弱、コメント消して(笑)じっくり拝見。


楽しかったです~~ww 一話Aパートとか生オーディオコメンタリー。最新情報もありました。

あのね、あのね、フィギュアが出るの~~ww カナン!!可愛いの!!

マリアも出してくれないかなー~~ww そしたら、買うなΣd(゚∀゚)ィ


[READ MORE...]
CANAAN第4話「灯ダチ」感想
051.jpg

タイトルが掛け合わせていて良いね。

すごくどーでもいい細かい描写が多々あって楽しい。
上の画で、ユンユンが鍋から具をよそうと、ちゃんと鍋の具が減るの!!!

変なトコで感動した。

052.jpg

マリアの優しさを感じたシーンです。 ユンユンが言い間違えしたときのフォローを「おいしい」と言って流した。

一瞬ですが、ユンユンが最後の薬を飲んでいます。
一日何個飲むのかはわかりませんが、朝食後に一錠は必要なのでしょう。

飲まないと、命にかかわるそうだが、どんな症状が出てくるんでしょうか。
一話の冒頭でウイルスにかかった人が苦しそうに死んでいくシーンがあったので、あんな感じだろうか。

アルファルド「対テロ国際会議を週末に控え、材料の下ごしらえは終わった。後はオーブンに入れる前に最後の塩の一振りを。」

リャン・チー「私の腹を裂きその骨に刻まれた文字には、こう書かれているはずです。姉様は私の全てだと。」

アルファルドもリャンも、何でこんな遠まわしな言い方するのか(笑) 君たち詩人かね。

053.jpg

死ねばいい。
リャンは人の上に立つのが下手ですね。。。独裁的では、誰もリャンに従わないので表面上でもいいので、相手の命じゃなく、心をつかんでおかなきゃ。 リャンの今度がなんとか見通せるな~…報われたらいけない方です。

054.jpg

細かいですが、カナンがスティクシュガーを割るシーンは初ですね。
よく口にくわえているけど、剥いたばかりのシュガーをさっそく割るシーンを見て、カナンの心情が伝わる。
焦っているというか、余裕がない…苛立っている。。。敗北した後なので、アルファルドの計画を邪魔したいというか…うーん。。。ちと短期気味。

「能書きはいい。」
と、夏目の緻密な計画をさらりと聞き流したり、らしくない。

夏目も、気づいているようですが触れずにスルー。 二人の浅い関係が感じられる…お互いただの仕事関係。

マリアとの関係が気まずくなる前のカナンは、それでも夏目にあやとりの事や、友達のことを聞いたりして、歩み寄りを感じていたのですが…今のカナンは、うん。余裕がない。

もし、ここで夏目が、カナンの変化に声をかけてあげれば二人の関係は良い方向に変わると思うのですが、なんせ夏目氏はカナンが嫌いと言っていたので、夏目からの歩み寄りは無いです。

056.jpg

リャンの力は写真を食べて…何?? 写真に写っている相手の何かを知るとこができるっぽい。

カラーで見たいと思っていたカナンのピースww 可愛いです。

マリアとユンユンの写真も下っ端のボナーが隠し撮りしているのかな?

リャンもボナーなのかね。写真を食うあたり能力者だし、薬がないと生きれないのは同じ。

057.jpg

ユンユンに銃の指南をするカナンが可愛いです。 超余裕ですね。 ユンユンは敵だけど、相手にならないほど弱いって見抜いている(笑) そんな相手を殺す意味もないのに、マリアの一言にカナンの傷心は深くなる。

「対テロ対策会議のことを。いやアルファルドの事を話せ。」
もう、カナンは仕事より私情に走っています。

仕事なんて所詮、私情のための道具に過ぎない。

「私はマリアにとって殺人者なんだ。」
マリアの拒絶の色は自分が殺人者だから。 

「マリアが来なかったら、きっと殺していた。」
これは…嘘でしょう。 殺さないでと言ったマリアを正当化するための言葉に聞こえました。

どこまでもマリア好きだな(笑) 全然かまわないけど、マリアがうらやましいよ~ww

マリアから逃げるように去るから、切なすぎる。 擦れ違いがどんどん深くなる。 

私情で(一応仕事)アルファルドの情報を入手したかったと思うけど、カナンにとって仕事よりマリア優先。

ユンユンからあっさり聞き出すことを止めて、去ってしまった。

…マリアがカナンの邪魔しまくる展開にならなければいいのですが。。。 

マリア次第でカナンの仕事の進み具合が一進一退しそうなので、本当にカナンは自分というか…自我がないのか、もっと自分を確立して欲しい。 カナンの心の拠り所がマリアだけなのは仕方ないけど、マリアに否定されても、譲れないものがあるモノをカナンが見つけて、マリアもそれを理解しあえば、最高な友達になるよね。


「カナンはあなたを狙っている。そこにいる大沢マリアを使いなさい。私はあなたに死ねと言ったのよカナンと一緒に。命を懸ければ多少の事は出来るでしょ。」
…事務次官にウイルス感染させる仕事ではなく、カナンと心中しろって命令だっけ?
あくまで感染が命令で、カナン始末は二の次だったはずだがね。

カナンを始末する力がないのは明白なのでリャンは、すでにユンユンを見限っています。
ユンユンも、もーどうしていいのか…かわいそう。

058.jpg

カナンのこの間は何かな?
(いや…)ってマリアの声が聞こえてカナンはナイフをしまって動かなくなりました。

たぶん、リアルタイムでマリアの声が聞こえたのだと思います。
そのあと、マリアとの思い出が溢れた。

マリアは何が「いや」なのか、はっきりするまでカナンは待ったのかなと解釈。

マリアが口に出して二人の名前を出したとたん、カナンが川から脱出。

カナンは今後のマリアとの関係をどうしていくかではっきりさせたかったのかな。
マリアがもし、ユンユンだけを心配していたら、川から出てきたとたんに、カナンはまた立ち在るつもりだったかもしれん。

マリアがちゃんと自分のことも心配してくれた。だから。

059.jpg

良い顔してます。カナン。(左上) 

ようやくカナンらしさを取り戻した表情。

に、しても本当にカナンは…マリア一本だねー。

自分が死ぬかもしれない極致になってもマリアの気持ち優先とは、脱帽です。
カナンの戦い方を変えてしますほどですから、マリアもそこまでの活躍を望みます。

0510.jpg

「違う!ユンユンは役立たず何かじゃない。…それにユンユンのおかげでカナンと仲直り出来た。それにあたし達もう友達なんだよ。」

ここのマリア好き。
しかし、カナンと喧嘩していたわけではないので仲直りとは語弊がある気がします。。。

そして、なぜカナンもここで頷くのか… 喧嘩してました。と、認めたよ?

二人の価値観がまだ重なっているとは思えないので、本当に、二人が仲良しこよしになってしまったら残念。

お互いの価値観をちゃんと語り合うシーンが欲しいです。

0511.jpg

ユンユンの満面笑顔~~ww

なぜ、このとき薬の件を話さなかったでしょうか。
金銭面の援助だけじゃ駄目なんだよ。 ユンユンの体を維持するバックアップも欲しいんだよ。

でも、ユンユンは言わなかったのは、ハッコーさん同様、巻き込みたくないと思ったからなのか。

自分の命を思って泣いてくれて、友達と言ってくれたマリアと出会えてだけで満足して、消えゆくつもりはないと思いますが、何か策でもあるんだろう。

カミングスが事務次官にウイルスを注射しているあたり、ユンユンには期待していなかったわけで、リャンの本当の狙いは、今後のユンユンとカナン&マリアにありそう。

ユンユンの命をつなぐためにマリアは蛇に向かうだろうし、カナンが必ず絡むし、そこでリャンはカナンと相打ちするのかもね~。

結局、薬の解放が無い以上、蛇から逃げることはできないので、蛇の手ごまにかわりないユンユン。

やっぱり、心が離れたら、従わないでしょう。 以前の3話の少年クンのようにね…。

ユンユンはユンユンなりに謀反をするだろうな。それが命取りにならないように…

希望満ちて歩くユンユンと対象に、音楽が重い…

ユンユン、行くあてあるの?? まさか、荷物持ってマリアの寝どころだったら笑う。

なんか書き足したいことあるが、疲れた~~(笑)

明日以降、書き足ししたいかな。

CANAAN
CANAANにはまりました。
4話を見て、どっぽり。

(。・ω・。)

いやー最初は2話の最初をたまたま見たのですよ。

女の子率が高くて疎遠かな。と、目を背けてしまったのですが、良い!!

カナンの強いくせに心がガラスみたいな弱さがあったり、マリアの無邪気さの中の陰り具合とか。

今後が楽しみです。

できれば一話から感想を綴りたいのですが…筆不精の私が出来るのかな~~…(T-T)

色々、発信したいことは山とあるのにねー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。